お風呂の蓋の粗大ごみ処分

先日、お風呂の蓋を粗大ごみ処分しました。お風呂の蓋は、不用品回収に料金や相場が神戸ではとてもとは古くなり新しいものに買い替えたので、古い方を捨てる必要がありました。お風呂の蓋は、一般のゴミとして捨てられないので、市役所の方に引き取りに来てもらうことにしました。まず、市役所に電話をして引き取りに来てもらう日にちとゴミ券番号を発行してもらい、近くのコンビニでゴミ券を購入します。そのゴミ券に苗字を書いて指定された日にいつもゴミを捨てる場所に出しておきます。細々とした準備が必要ですが、当日は市役所の方がきちんと持って行ってくれていました。ゴミ屋敷を清掃して片付けできる神戸のどこにも古いお風呂の蓋は、新しいものを使うようになってから、しばらくベランダに置いていたのですが、少し邪魔になっていたので片付いてスッキリしました。スッキリとスペースができたことも嬉しいですが、気持ちのスッキリとして嬉しい気持ちでした。市役所に電話をしたときの対応もきちんとされていて、安心して任せることができました。粗大ゴミが出たときは、いつも引き取りに来て頂くまでどこに置いておこうかと迷うのですが、早めに対処することで悩みはすぐに解決すると思いました。とても簡単な手続きだったので、不用品回収の業者を神戸でも選ぶとすると次回もまた粗大ゴミが出た時はお願いしようと思います。