座椅子を粗大ごみとして処分

自宅でのPC作業のために座椅子を使っていました。背もたれのあるもので、座高も5cmくらいのものです。不用品回収には神戸でもどうしてもここでもしっかりとしていて長く使えるかと思っていたのですが、自分の使い方との相性が悪かったせいかまず右の股関節が痛くなってきました。どうやら5cmあまりの座高はその角に股関節があたる座り方では高すぎたようでした。そのうち座椅子のその角の部分の内部のクッションがボロボロになってきました。カバーを開くと内部は細かく砕けたスポンジ状のものでいっぱいです。よって残念ながら購入してから数年くらいで廃棄することに決めました。姫路で痛みが少ない胃カメラ検査を実施して大きいものでもなく特殊なものでもないことから、自分の住んでいる市の回収日に粗大ごみとして廃棄することにしました。ある程度までの大きさのものだと、粗大ごみの回収日に専用の袋に入れて指定の場所に出すのですが、座椅子の場合大きすぎてそれができません。その場合名前を記した回収券を貼って指定場所に出すことになります。回収券はスーパーなどで購入できます。ただし縦横高さや重さが規定以内でなければなりません。座椅子は伸ばせば1mくらいになります。そこで使用するときと同じく90度に曲げてみるとサイズ内に収まりました。あとは回収してもらえるように指定場所に置いて廃棄は無事完了しました。後からその場所を見てみましたがちゃんと回収されていました。